スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人と関係を作るための秘訣

商売人は、首を垂れろ(こうべをたれろ)とよく言われます。
首を垂れろとは、頭を低くして常に下から目線で感謝の気持ちで接する・・・

といった意味合いがあります。

しかし、人はどうしても「負けん気」というのがあり
人の上に立とう、立とうとしてしまいます。
ある意味、この思考は必要なのですが・・・

でも、、、

商売人(事業)として人と接するのであれば
それを、あからさまに出すわけにはいきませんよね!

それをやってしまうと、人は遠ざかってしまいます。

それでは、事業の発展は望めません。当然です!
人と関係を作るために、まず、「首を垂れろ」を実践する秘訣は。。

自分の心情を考えずに、自分が守らなければならない人=大切な第三者の事を考える
例えば、子供の事!両親の事!奥さんの事!・・・

自分が成功しなければ、この人たちは路頭に迷うんだ!
という発想で人と接すると良いです。

私も短気な方でしたから・・・

人に負けたくないと言った気持が露骨に出ていましたが
ある方から、この発想を行ったら・・と諭され

今は、短気が治りました。
(当然、私の短気がこれだけで治ったわけではありませんが…)

だから、人と上手な関係を作るには「首を垂れろ」

そして「首を垂れろ」を実践するには
自分の心情を考えずに、自分が守らなければならない人=大切な第三者の事を考える

という事からはじめてみてくださいね^^


珍事件!?

長い期間事業を続けていると色んな事件が起こるものです!
そんな珍事件をご紹介します。


「道場破り」って聞いた事がありますよね^^


今の時代に「道場破り」なんてあるの?
と思われるかもしれませんが・・・・・

実は当道場にその「道場破り」!?のような珍客が
現れたんです。

ある日、稽古を始めようとしたら道着を着用して
黒帯をしめた男性が現れました。

「見学ですか?」と尋ねると「いいえ!組み手をさせてください」

最初は、なんなんだろう?と思いましたが

「いきなり組み手はできませんので・・・」とお断りすると
「どうしてもお願いします」と言うので

組み手(日本拳法では自由乱稽古という)をする事にした。

自前のグローブを付けて、畳の中に入ってきたので
防具を付けないと乱稽古はできません。
この防具を付けてください。

そう言って、生徒の防具を着けさせた。

私が相手をしようと思いましたが、当時息子が現役選手だったので
息子に相手をさせることにした。

「何の格闘技をしているんですか?」
「空手8段です」という!

「本当に良いですか?」「はい!」では・・・

始めの合図でいきなり飛びかかってきたので
カウンターの後拳をガツンと入れて、そのまま掴んで投げて
馬乗りになった。

「やめてくれ・・・」

「どうしました?もうやめますか?」「はい!」

それで終了!

最初から偽空手家だな!と思っていましたが、やはりその通りでした(笑)
しかし、このような変人さんが現れることもあるんですね。

「道場破り」だったのか・・・どうなのでしょうか!?

ただ、事業を継続すると言うことは様々なトラブルや事件が起こるものです。
今回紹介した珍事件は、後で笑って済ませる事ができ良かったですが^^

だから、責任者はその責務が思い。
様々なトラブルや事件に立ち向かっていかなければ継続運営はできません。

その責任感と自覚をしっかり持たなければ事業を継続させてことは安易では
ありませんよ!

宣伝方法の基本…「名刺」

事業を行うと必須なのが宣伝です!
これは、如何なる事業においても必ず行わなければならない項目です。

しかし、この当たり前の項目が理解できていない事業主が多い。
特に私の様な特殊な事業展開を行う方々…

それは、前にお話ししました通りで「事業を行っている自覚」
が持てていないと思います。
まず、「事業を行っている」というハッキリした自覚が必要になります。


宣伝方法にも様々な方法があります。

今回は、その中で私が実際に行ってきた宣伝方法をご紹介します。


これは基本的な事なのですが、以外に出来ていない人が多い「名刺」
現代は携帯電話やインターネットの普及からか、、、
名刺を持たない人が非常に多く感じます。

現に私がお会いする事業を行っている方で名刺を出さない人が多くいます。
これは、たこ焼き屋さんでもラーメン屋さんでも関係ないです。

やはり一つの事業なので「名刺」を用意するのは当たり前です。

ですから、必ず「名刺」は用意してください。

その名刺の中に裏書きをしています。
ようするにどのような事業を行っているのか!
この詳細を記すわけです。

そして、お会いする方々には必ず「名刺」を差し上げて
私はこのような事をやっていますよ・・・
と簡単な自己紹介をしてあげる。

これは当然のことだったのですが、今は少しずれているように思います。
まずは、この当たり前だった事をもう一度コツコツ行う事です。

「名刺」は事業を行う以上は必須アイテムです。

そして、表書きはシンプルで一目で何を行っているのかハッキリするように
裏書きは、その詳細を見栄え良く記載します。

当然、連絡先電話番号とメールアドレス、ホームページURL等は
必ず、記載します。


名刺を持たない主義の方は、まず、名刺を作ることからはじめてください。
でなければ宣伝はできません。

コミュニケーション力の大切さ!

新年初のイベント「鏡開き」のお話をしました。
この「鏡開き」は非常に貴重なイベントです。

各道場から日頃、顔を合わす事のない人達と一緒に稽古をするのです。
この鏡開き位しか他の道場生と稽古をする機会はありません。

そして、稽古後の「ぜんざい会」が和気あいあいとしていいんですね^^
このぜんざい会で交流が深まるんです。

しかし、武道の世界は意外とコミュニケーションをとるのが下手な人が多い
喋りベタというのでしょうか?
お喋りが得意な人は少ないです。


でも、この交流会が非常に大切なんです!


私も県連盟の常任理事を任されています。

ですから、様々なイベントや交流会に顔を出します。
しかし、喋りベタ・・・でしたら交流など持てません。

せっかく、我が競技を売り込む絶好の機会ですから。。。

だから、喋りベタよりもコミュニケーション力がある方が有利です。
普段から人と接する機会が多い商店の人達にもコミュニケーションが取れない
人達が非常に多く感じます。

年末恒例で、お正月の買い出しに商店街に行くのですが
近年、お客さんが激減して死活問題として、その商店街全体で様々な取り組みをしています

  ・・・

  ・・


  ・

でも、活気がないんです。
お店の人達の声が少ない・・・そして、無愛想なんです。

これは、私だけが感じている事ではありません。

これじゃぁ!お客さんを再獲得しようと思っても無駄です。

 「なんか行かなきゃよかった!」

そんな気持ちにさせられました。


だから、コミュニケーションというのは非常に大切なんです。

「笑顔」で元気に人と話す。


これがコミュニケーションの第一です。
普段から、笑顔を作る練習をしましょうね^^

鏡開き~イベントの大切さ!

あけましておめでとうございます。
私は、新年の目標設定とこれからの展開について
しっかり計画を立てました。

あなたも新たな気持ちでこれからの目標設定を行いましょうね^^

さて、武道にとって新年のイベントと言えば

 「鏡開き」

があります。

この鏡開きは、他の道場からも集まって
和気あいあいと稽古始めを行うのですが
初稽古後の「ぜんざい会」がまた、楽しいですよね。

しかし、このお正月のイベントなのですが
以外に侮(あなど)れませんよ!

それは、様々な地域から普段は顔を合わせる事がない
人達と交流を持つ場でもあります。

だから、自分の道場の宣伝ができるんです。

各道場の自己紹介を行いますが
その中で「○○地区と○○地区の道場です!・・・」

すると、よくこんな話がきます。

「私の知人が習いたいけど近くに道場がないので…と言っていたのですが
 ちょうど先生の地区に住んでいるので、今度見学に行かせてもよろしいですか?」

とか、

「引っ越しをする事になったんですが、その地区に道場がないと思っていました。
 でも先生の道場があったんですね!できればお世話になりたいのですが・・・」

このような話は、しょっちゅうあります。
そこから、一人…二人と広がる事がよくあるんです^^

兄弟や親子で習っていたりする人もいますし・・・

だから、このようなイベントには必ず参加して
自分の道場の宣伝を行うべきなんです(^v^)

イベントは侮れません、本当に大切ですよ^^
最新記事
プロフィール

蔵田哲郎

Author:蔵田哲郎
こんにちは!蔵田哲郎と申します。
小学生の頃に格闘技をはじめてから30年近く経ちました。
当初からの夢が自分の道場を持つ事!

その夢が叶ったのが10年前
しかし、その道場運営、格闘技事業運営を継続させるのが至難の業でした。

現在、40代に突入して10年前を振り返り、これまで継続運営ができたことに感謝し、それまでの体験談や継続運営の秘訣などを公開しようと思いました。

どうぞよろしくお願いします。

カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
教えて!太陽光発電
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。