スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒集客について…Part2

生徒集客について引き続きお伝えいたします。
前回の復習です。

------------------ここから

まず私がはじめに行ったのは

道場近隣の小中学校の下校生にビラ配りをする!
これは以前お話ししました通りです。
正門と校門にそれぞれ立ち、一人一人に声をかけてビラを配る作戦です。


次に行ったのは

道場近隣の住宅を休日に一軒一軒、ピンポンしてご挨拶まわりをする。
この方法も効果はありますよ^^
対象を絞る必要がありませんから、子供から大人まで老若男女関係なく
声をかける事が出来ます。

そして、この方法が一番効果があります。

色んなスポーツ施設にお願いをして、ポスターを張らせていただく。
この方法で、月に1~3人は見学希望の申し出があります。


私は思うのですが、このような小さな事をコツコツと行う事が
一番大切で、一つ一つが必ず大きなものに繋がっていくのです。

問い合わせが来ると言う事は
確実に見込み客として、あちらからいらっしゃる訳なんですね^^

だから、結構高い確率で入門に結び付きます。

ぜひ、アナログ的な集客を行ってみてくださいね(*^_^*)

------------------ここまで

このようなアナログ的集客を行う事で見込み客が集まってきます。
但し、上に挙げた方法は格闘技教室の生徒集客に特化したアナログ的集客です。

ここで注意しなければいけないのは、
あなたの小規模事業の属性に合う攻め方をする事です。

例えば、この方法を居酒屋開店で行ったとしても成果が上がるとは思いません。

居酒屋のお客さん獲得に小中学校生を対象にするのはおかしいですし
スポーツ施設も関係ありません。

この「属性に合う」対象者をしっかり見定める事が大切なんですね^^
では、この「属性に合う」対象者を見定めるためにはどうしたらよいのか?

それは、あなたが経営者の目線を捨てて「お客様目線」で考えてみることです。
これは、よく言われている事なのですが、中々理解することが難しい。
でも、この考えを持てるか持てないかで勝敗は決まります。

だから、経営者の目線を捨てて「お客様目線」で考えてみることを必ず行ってください。
この方法は、お客様集客だけではなく
これから継続運営を続けていくためにも大変重要な考え方ですから・・・

例えば
「お客さんだったら○○と思うだろうなぁ?」
と様々な場面で常に考える癖をつけます。

それから、あなたも他店にお客さんとして来店してお客さんとしての感想を
その日のうちにメモを取る事です。

そうする事でお客様目線が、だんだんと身についてきますから。

商売の基本でもお伝えいたしましたが
基本中の基本「あいさつ」すらできない経営者が平気でいるんですから・・・

信じられません。

だから、純粋に「お客様目線」になって考えてくださいね(^v^)

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

蔵田哲郎

Author:蔵田哲郎
こんにちは!蔵田哲郎と申します。
小学生の頃に格闘技をはじめてから30年近く経ちました。
当初からの夢が自分の道場を持つ事!

その夢が叶ったのが10年前
しかし、その道場運営、格闘技事業運営を継続させるのが至難の業でした。

現在、40代に突入して10年前を振り返り、これまで継続運営ができたことに感謝し、それまでの体験談や継続運営の秘訣などを公開しようと思いました。

どうぞよろしくお願いします。

カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
教えて!太陽光発電
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。