スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人と人との繋がり!!

先日、父の法要がありました。
お寺でお経をあげて頂き、住職さんの説法を聞きました。


その説法のお話です。あるご家庭での話!


-----------------------------------ここから
高校生の長男とお母さんの二人暮らし
若くしてご主人を亡くされ、長女は嫁に出ているので
お母さんが働きながら長男を育てている。

その長男の修学旅行でスキーを楽しむとのこと。
学校からの案内で、用意する物の中にズボン下(昔でいうところのモモヒキ)
厚手の靴下・・・

しかし、毎日自転車登校する息子に

 「ズボン下と手袋を買ってくるけどどんなのがいい?」

と尋ねた際に「そんなのいらん!買わんでいいからね」
と言い返された事がある。

しかし、修学旅行には必要なものなので黙ってズボン下と手袋を買ってきて
そっと、息子に渡したそうです。

すると、「ちくしょう!!」と息子が言う!

「なんで、ちくしょう何て言うの!」と母が尋ねると

「お父さんも早く死んで、お姉ちゃんもお嫁に行って僕一人だけ・・・
 僕はいつも、お母さんにお金ばっかり使わせてるから・・・
 だから、くやしい」

それを聞いたお母さんは、涙が止まらなかった・・・

 中略

そして、次の日うれしそうにズボン下と手袋をはめて出て行きました。

今まで、寒かったろうに・・・
素直に買ってと言えばよかったのに・・・

いつも反発ばっかりするのは、なぜだろうと考えていました。
でも、息子が私を気遣う気持ちに心を打たれました。

・・・
-----------------------------------以上


この説法を聞いて、思わず「グッ」ときた。

息子が母を思う気持ち!母が息子を思う気持ち!
この当たり前の親子の関係が、少しずれているように思う。

純粋な気持ちは、持ち続けなければならない。
この純粋な、思いこそが人と人との関係に大きな調和を生み出すのだと思う。

私達人間は、たった一人では絶対に生きていけません。
人と人とが繋がりあって生きているんです。

それは、両親であり、兄弟であり、子供であり、ご近所であり、お客様であり
友人であり、同僚であり、水道屋さん、スーパー、電気屋さん、農家の方・・・・・・・

決して、忘れてはならない思いです。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

蔵田哲郎

Author:蔵田哲郎
こんにちは!蔵田哲郎と申します。
小学生の頃に格闘技をはじめてから30年近く経ちました。
当初からの夢が自分の道場を持つ事!

その夢が叶ったのが10年前
しかし、その道場運営、格闘技事業運営を継続させるのが至難の業でした。

現在、40代に突入して10年前を振り返り、これまで継続運営ができたことに感謝し、それまでの体験談や継続運営の秘訣などを公開しようと思いました。

どうぞよろしくお願いします。

カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
教えて!太陽光発電
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。