スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集客の難しさ・・・part3

さぁそして、待ちに待った見学会はどのようにしたのか・・・
まず私が用意したのは、

 ・試合のDVDと視聴するパソコン
 ・申込用紙
 ・稽古内容などの案内書

  見学会をはじめる前に説明会をします。
  
  ・どのような格闘技なのか?
  ・どのような稽古内容なのか?
  ・これから用意するものは何か?
  ・購入代金はいくら位か?
  ・ケガなどの心配はないのか?
  ・保険などは加入するのか?
  ・・・・

このような入門前に不安要素があります。
この不安要素を全て取り除くために、パソコンを使って
試合の様子をお見せしたり、解説したりして打ち解けるようにしています。


それから、いつも通りに稽古を始めさせていただき
体験したい人は、参加させています。

そして、稽古後に再度補足の説明や不安点などについて答えます。


「1ヶ月の無料体験ができますので、まず1ヶ月やってみましょう!」

とすぐに本格入門を呼び掛けずに、まず1ヶ月の無料体験からお誘いします。
また、一般部や親子での参加も呼びかけます。


そして最後に必ず直接本人に「無料体験がんばろうね!」と声をかけ
見学者を送り出します。


実は、この見学会の席ですぐに本格入門を呼び掛けないのがいいんです!

まず無料体験を呼び掛けて、そちらへ誘導した方が
入門率は断然上がってきます。


実際に3名全員が無料体験へ参加し、1ヶ月後本格入門をされました。


とにかく、焦ってはダメです。


こちらへ興味を持って頂いているのですから
後は、現在の不安材料を全て取り除いてやること!

そして、お金を頂かずに実際にやってもらう事!

1日ではダメですよ!

1ヶ月くらいかけないとダメです。

1日体験する人より、
1ヶ月続く人の方が、ほぼ100パーセント成約出来ます。


ぜひ、あなたの小規模事業の参考にしてください。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

蔵田哲郎

Author:蔵田哲郎
こんにちは!蔵田哲郎と申します。
小学生の頃に格闘技をはじめてから30年近く経ちました。
当初からの夢が自分の道場を持つ事!

その夢が叶ったのが10年前
しかし、その道場運営、格闘技事業運営を継続させるのが至難の業でした。

現在、40代に突入して10年前を振り返り、これまで継続運営ができたことに感謝し、それまでの体験談や継続運営の秘訣などを公開しようと思いました。

どうぞよろしくお願いします。

カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
教えて!太陽光発電
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。