スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康な体作りは基本!Part2

健康な身体作りは、どんな事をやるにしても
最重要しなければいけません。

  「元気があれば何でもできる!」
  「元気がなければ何にもできない!」

この言葉を覚えておいてください。

今は、ほとんどの病気は早期発見をすればなんとかなると言われています。
だから私は、定期的な健康診断を2カ月に1回、人間ドッグを年に1回心がけています。

しかし、みなさんがこれを実行するのは大変だと思います。
でも、定期的な健康診断を3カ月に1回か半年に1回行う事は大切だと思います。

それから、40代の方は年に1度は人間ドッグを行ってください。
これは、保険みたいなものですから物凄く大切な事ですよ^^

自分だけの身体ではありませんからね!・・・自覚してくださいね^^

人は、中々病院へ行こうとはしませんから(*^_^*)
と言いますか、病院へ関わらない生活の方がいいですから・・・

それから、私の食生活を紹介します。

月曜~金曜日
朝食:バナナ1本、ヨーグルト、豆乳のみ

昼食:玄米ご飯中茶碗1杯、味噌汁1杯、バランスを考えたおかず、野菜、緑茶

間食:おにぎり1個

夕食:玄米ご飯中茶碗1杯、味噌汁1杯、バランスを考えたおかず、野菜、水

必ず夕食は午後8時までに済ませる事!
しかし、どうしても午後8時を超える場合は
鍋などの温かいもので、野菜や魚中心で摂れるように注意します。
この場合はご飯は摂りません。

ほとんどこのような感じです。
バランスを考えたおかずは魚や肉、野菜等をその週にあわせて摂ります。

土曜のディナーと日曜のランチだけは好きなものを好きなだけ飲食します。


そして、お酒も月曜、水曜、土曜の週に3日だけ
ビール350=1本、焼酎のお湯割り(2焼酎:8お湯)を3杯
つまみは枝豆、もずく、白身の刺身や馬刺しか鳥刺し、温野菜、こんにゃく炒め

もうほとんど飽きずにこのパターンで決まりです。

しかし、全く食事に関してはストレスもなく楽しく頂いています。
これに、醤油、塩、等の調味料はほとんど使わず
すだちやお酢をよく好んで使います。

あなたもぜひ、挑戦してみてください。
この食生活で、これまでの健康診断で異常は一つも見られませんでしたよ(*^^)v

スポンサーサイト

健康な体作りは基本!

今の日本人の食生活は、欧米型になってきていますが
欧米型の食生活は、健康維持のためにはよくないといわれています。

私は、常に健康に気を配っています。
なぜなら、どんなにお金が豊かでも色んな人脈が豊かでも
家族に恵まれていても、自分自身の身体が健康でなければなにもならないのです。

小規模事業を行うにしても、身体が健康でなければ
思うように事業展開をすることはできません。

ですから、あなたは健康な身体作りに気を配らなければいけません。
健康な身体作りに必要なのは、バランスのとれた食事!睡眠!適度な運動!
と言われていますね。

もうひとつ必要なのはストレス発散法です。

内臓系が元気でも、心に元気がなければ
これまた、健康な身体とは言えません。

意外と食事や睡眠には気をつけても、ストレスを発散する事には
それほど気を使いません。

しかし、私が思うにまず心が第一に元気でなければ
食事や睡眠、運動に気を付けて健康な身体作りをしようと言っても
不可能だと思うのです。

やる気が起こらない心の持ちようでは、なにもできませんからね・・・

あのアントニオ猪木さんの合言葉ではありませんが

 「元気があれば何でもできる」
 
逆にいえば、「元気がなければ何にもできない」

という事なんですね。

なので、本日は事業展開をするうえで必須の元気な身体作りの中で
ストレス発散法についてお伝えしようと思います。

私が実際に行っているストレス発散法をお話しします。

私は、とにかく食べる事が大好きです(笑)
ラーメン、パスタ、焼肉、中華、日本料理・・・

どんな物でも好き嫌いなく食べます(*^_^*)

という事で・・・私のストレス発散法は食べ歩きなんです。

しかし、いくら好きだからと言って
それを毎日好きなだけ食べていたのでは、健康な身体作りはできません。

だから、私は自分でルールを作っています。

月曜から金曜までは、健康に気を使った食事
朝、昼、晩の3色バランスの良い食事を心がけています。

主食は玄米、醤油や塩、味噌などの調味料にも気を使っています。
詳しくは、またの機会として・・・

そして、お酒も月、水、土曜の週に3回と決めて
 ・土曜日はディナーで好きなものを好きなだけ食べてもよい!
 ・日曜日は、ランチで好きなものを好きなだけ食べてもよい!

このような自分ルールを決めています。
このルールのお陰で、健康診断でも全く異常なし^^
体重も一定をキープ!当然、ストレスもありません!


ぜひ、自己流のストレス発散法を考案してみてください!

夢、目標をもちましょう!!

自分が目指すものがハッキリしていれると
それを叶えるために、何をやるべきか?という事が分かってきます。

目的や目標を持たない人達が増えていますが、
それでは、自分の人生をどのように過ごして行けばいいのか?
見出す事ができません。

ただ漠然と、毎日を過ごすだけの人生でも
その人にとって幸せだと言う事であればそれはそれで良いのかもしれません…

でも、どうせ一度きりの人生ならば
もっと夢をもって元気で明るい人生を送りたいと思いませんか!?
寂しい人生は送りたくありませんよね。

この人生について真剣に考えた事がありますか?
一度、真剣に考えてみてください。

人生は、自分だけのものではないという事が分かってきますから
人生は、色んな人や物が関わって送るものなんですね^^

だから、
   ・命を粗末にしたらいけない!
   ・時間を無駄にしたらいけない!
   ・人を粗末に扱ってはいけない!
   ・お金を大切に使わなければいけない!・・・

このような事が理解できるようになって自分の成長があるんです。
自己成長をしなければ、今の自分を変えることはできません。

今の自分を変える事ができないという事は
今の生活スタイルを変える事が出来ないという事なんです。
つまり何も見出す事がなく、変化もなく人生を終えることになる!
という事なんです。

ただ、漠然と日々を過ごすのはもったいない。
あなたには、両親や兄弟や子供や孫や友人が自分の人生に関わって生きています。

だから、その人達のためにも自分自身を成長させて
何か一つでもいいから夢を持って、その夢に向かって日々を過ごしましょう(^_-)-☆

そうすると、必ず健康で明るい人生が送れますから・・・

私も夢と目標は常に持ち続けています。
だから、毎日が楽しいですし元気いっぱい過ごせます。
そして、自分以外の誰かのために一生懸命日々を過ごすことができます。

クリスマスイベントは楽しい^^

昨日は、クリスマスイブでしたね^^
全国各地で様々なイベントが開催されています。

私の地元熊本市内でも、楽しいイベントが催されました。

熊本の繁華街は、あちらこちらでクリスマスイルミネーションが彩り
それは、綺麗な街並みに変身しています^^

熊本では誰でも知っているデパート「鶴屋百貨店」
そこの外壁にクリスマスの飾り付けをしてあるのですが
その鶴屋百貨店の外壁の飾りのところで
女子中高生の合唱団が、寒空の中クリスマスソングを合唱してくれた。

鶴屋百貨店

イベント


それはそれは、素晴らしい演出で街に華が咲いたみたいでした。

近年、景気悪化を受け日本のイベントも寂しくなっています。

この冬空のように家計にも冷風が漂って、街の活気も薄れている。

しかし、このような楽しいイベントを行う事によって
人が増え、物凄い活気がもどってくる。
本当に久しぶりに良い一時を過ごさせていただきました。

昨日の熊本は、凄く寒かったのですが、心がポカポカ温かくなりました。

このように、景気が悪ければ悪いなりに
試行錯誤しながら、「人が集まる工夫」が必要なのです。

楽しいイベントがあれば人が集まる、人が集まれば活気が出る、活気が出れば景気も良くなる。

また、自民党政権に戻りましたが
このような人がほほ笑むクリスマスイベントの様な政治になるのでしょうか・・・

生徒集客について…Part2

生徒集客について引き続きお伝えいたします。
前回の復習です。

------------------ここから

まず私がはじめに行ったのは

道場近隣の小中学校の下校生にビラ配りをする!
これは以前お話ししました通りです。
正門と校門にそれぞれ立ち、一人一人に声をかけてビラを配る作戦です。


次に行ったのは

道場近隣の住宅を休日に一軒一軒、ピンポンしてご挨拶まわりをする。
この方法も効果はありますよ^^
対象を絞る必要がありませんから、子供から大人まで老若男女関係なく
声をかける事が出来ます。

そして、この方法が一番効果があります。

色んなスポーツ施設にお願いをして、ポスターを張らせていただく。
この方法で、月に1~3人は見学希望の申し出があります。


私は思うのですが、このような小さな事をコツコツと行う事が
一番大切で、一つ一つが必ず大きなものに繋がっていくのです。

問い合わせが来ると言う事は
確実に見込み客として、あちらからいらっしゃる訳なんですね^^

だから、結構高い確率で入門に結び付きます。

ぜひ、アナログ的な集客を行ってみてくださいね(*^_^*)

------------------ここまで

このようなアナログ的集客を行う事で見込み客が集まってきます。
但し、上に挙げた方法は格闘技教室の生徒集客に特化したアナログ的集客です。

ここで注意しなければいけないのは、
あなたの小規模事業の属性に合う攻め方をする事です。

例えば、この方法を居酒屋開店で行ったとしても成果が上がるとは思いません。

居酒屋のお客さん獲得に小中学校生を対象にするのはおかしいですし
スポーツ施設も関係ありません。

この「属性に合う」対象者をしっかり見定める事が大切なんですね^^
では、この「属性に合う」対象者を見定めるためにはどうしたらよいのか?

それは、あなたが経営者の目線を捨てて「お客様目線」で考えてみることです。
これは、よく言われている事なのですが、中々理解することが難しい。
でも、この考えを持てるか持てないかで勝敗は決まります。

だから、経営者の目線を捨てて「お客様目線」で考えてみることを必ず行ってください。
この方法は、お客様集客だけではなく
これから継続運営を続けていくためにも大変重要な考え方ですから・・・

例えば
「お客さんだったら○○と思うだろうなぁ?」
と様々な場面で常に考える癖をつけます。

それから、あなたも他店にお客さんとして来店してお客さんとしての感想を
その日のうちにメモを取る事です。

そうする事でお客様目線が、だんだんと身についてきますから。

商売の基本でもお伝えいたしましたが
基本中の基本「あいさつ」すらできない経営者が平気でいるんですから・・・

信じられません。

だから、純粋に「お客様目線」になって考えてくださいね(^v^)

生徒集客について

生徒集客についてお話したいと思います。

前回お伝えした「集客をネットで…が一番難しい!」の中で

----------------ここから
・・・中略

だから、「ネットで宣伝さえすれば集客ができる」というのは
そう簡単には行かないという事を肝に銘じなければいけません。

但し、ネット集客の確かなノウハウとあなた自身の絶え間ない努力が
備わっていればネットを使った集客は最高のものになると思います。

・・・

しかし、現実は中々思うようにいかないのがネット集客ですよヽ(^。^)ノ

そんなに甘くはありません。
それよりも、アナログ的な発想で集客をする方法をまず、試してみましょう!

----------------ここまで

確かにネット集客は、中々思うようにはいかないです。
一発屋のお笑い芸人のギャグにもありましたが
 「いけそうな気がする~」
と思いますよね。

まぁ、今回はネット集客の話ではなく
アナログ的な発想で集客をする方法についてお話ししようと思います。

これは、私が実際に行っている生徒集客についてなのですが・・・
格闘技教室の生徒集客についてお話します。


まず私がはじめに行ったのは

道場近隣の小中学校の下校生にビラ配りをする!
これは以前お話ししました通りです。
正門と校門にそれぞれ立ち、一人一人に声をかけてビラを配る作戦です。


次に行ったのは

道場近隣の住宅を休日に一軒一軒、ピンポンしてご挨拶まわりをする。
この方法も効果はありますよ^^
対象を絞る必要がありませんから、子供から大人まで老若男女関係なく
声をかける事が出来ます。

そして、この方法が一番効果があります。

色んなスポーツ施設にお願いをして、ポスターを張らせていただく。
この方法で、月に1~3人は見学希望の申し出があります。


私は思うのですが、このような小さな事をコツコツと行う事が
一番大切で、一つ一つが必ず大きなものに繋がっていくのです。

問い合わせが来ると言う事は
確実に見込み客として、あちらからいらっしゃる訳なんですね^^

だから、結構高い確率で入門に結び付きます。

ぜひ、アナログ的な集客を行ってみてくださいね(*^_^*)

集客をネットで…が一番難しい!

集客というのは、ラーメン屋さん、床屋さん、居酒屋、スーパー…
どんな商売にも欠かせない必須項目ですよね^^

その集客方法も様々なのですが、よくこんなことを耳にします。

「○○を始めようと思うんだけど、ホームページっていくら位で
 作れるんだろうか?」
 
「絶対、○○をネットで売ったらバンバン儲かるよ!」

「フェイスブック始めようと思うけど、お客さんが増えすぎるのもねぇ」

ようするに、ネットで宣伝さえすれば絶対にお客さんが増える。
そのように思っている方が非常に多いです。

しかし、現実は高い費用を欠けてホームページを作成してもフェイスブック
を始めても、どんなに素晴らしい商品であってもネットで集客をするという事は
大変難しい方法なのです。中々売れません。

結局、ネットで宣伝したからと言っても思うように成果は現れません。
全くお客さんが集まらない状況の方がほとんどです。

考えてみてください!ネット上にあなたのホームページやフェイスブックが
存在したとしても、世界中にどれだけの人が、同じようなキーワードで同じような
宣伝をしようとしているのか?


とんでもない数のライバルがいるんですよ!

だから、「ネットで宣伝さえすれば集客ができる」というのは
そう簡単には行かないという事を肝に銘じなければいけません。

但し、ネット集客の確かなノウハウとあなた自身の絶え間ない努力が
備わっていればネットを使った集客は最高のものになると思います。

・・・

しかし、現実は中々思うようにいかないのがネット集客ですよヽ(^。^)ノ

そんなに甘くはありません。
それよりも、アナログ的な発想で集客をする方法をまず、試してみましょう!

あいさつができない商売人は商売をするな!

昨日、ある個人事業をされている方とお会いしました。
その方はご夫婦で事業展開されていて、奥様とは先にお会いして
いたのですが、ご主人とは初対面でした。

私が先に到着していて、奥様がいらっしゃって最後にご主人が
いらっしゃったのですが・・・

入り口で立ち止まって挨拶もなし!

私が「どうぞお入りください!」と声をかけたのですが
会釈をされただけで、そのまま動こうとしない。

「はじめまして蔵田です。よろしくお願いします、どうぞ中へお入りください」
とこちらから声をかけました。

しかし、はじめて口を開いた言葉が「あっはい!」だけ!
そして、やっと中へ…


しばらく様子を見ようと黙っているとモジモジしている。

今回は、そのご夫婦と今後の展開について私がアドバイスをするために
揃っていらっしゃっているのです。

なのに、ろくに挨拶もできない。

こちらから気を使って声をかけても答えようとしない!

私は、その時点で判断します。

「この方たちとは、深い関係は築けないな」と

その日は、ある程度の段取りをお話ししただけで終了!
帰る際も、全く挨拶なし!

これでは、事業展開もなにもありません。
人とのコミュニケーションがとれないうえに、基本的な挨拶すらできない。

商売をする以前に人として間違っています。

人は、まず初対面の人を判断する際
最初に外見から感じ取り、言葉で感じ取り、態度で感じ取り
最後に総合的な印象で判断します。

人と接するのが苦手だとか、人と話すのが苦手だとか、挨拶が苦手だとか…

そんな事を平気で言う商売人は、商売は辞めてください。
間違いなく成功しませんから!

せめて、人としての常識位は最低限持ち備えていなければ
なにも始まりません。

人と人との繋がり!!

先日、父の法要がありました。
お寺でお経をあげて頂き、住職さんの説法を聞きました。


その説法のお話です。あるご家庭での話!


-----------------------------------ここから
高校生の長男とお母さんの二人暮らし
若くしてご主人を亡くされ、長女は嫁に出ているので
お母さんが働きながら長男を育てている。

その長男の修学旅行でスキーを楽しむとのこと。
学校からの案内で、用意する物の中にズボン下(昔でいうところのモモヒキ)
厚手の靴下・・・

しかし、毎日自転車登校する息子に

 「ズボン下と手袋を買ってくるけどどんなのがいい?」

と尋ねた際に「そんなのいらん!買わんでいいからね」
と言い返された事がある。

しかし、修学旅行には必要なものなので黙ってズボン下と手袋を買ってきて
そっと、息子に渡したそうです。

すると、「ちくしょう!!」と息子が言う!

「なんで、ちくしょう何て言うの!」と母が尋ねると

「お父さんも早く死んで、お姉ちゃんもお嫁に行って僕一人だけ・・・
 僕はいつも、お母さんにお金ばっかり使わせてるから・・・
 だから、くやしい」

それを聞いたお母さんは、涙が止まらなかった・・・

 中略

そして、次の日うれしそうにズボン下と手袋をはめて出て行きました。

今まで、寒かったろうに・・・
素直に買ってと言えばよかったのに・・・

いつも反発ばっかりするのは、なぜだろうと考えていました。
でも、息子が私を気遣う気持ちに心を打たれました。

・・・
-----------------------------------以上


この説法を聞いて、思わず「グッ」ときた。

息子が母を思う気持ち!母が息子を思う気持ち!
この当たり前の親子の関係が、少しずれているように思う。

純粋な気持ちは、持ち続けなければならない。
この純粋な、思いこそが人と人との関係に大きな調和を生み出すのだと思う。

私達人間は、たった一人では絶対に生きていけません。
人と人とが繋がりあって生きているんです。

それは、両親であり、兄弟であり、子供であり、ご近所であり、お客様であり
友人であり、同僚であり、水道屋さん、スーパー、電気屋さん、農家の方・・・・・・・

決して、忘れてはならない思いです。

技術向上は大切なこと!

指導者だからといって進歩のない技術を指導しても
何の変化も生まれない!

どんなスポーツでも基本がしっかりできていなければ応用に
繋げることはできません。

だから、その競技の基本は外すことはできません。
しかし、その基本技そのものは変わらないにしても
基本を伝える方法は、工夫したり変化させたりしなければいけません。

例えば、同じ基本技術を教えるにしても
子供と高校生、20代と50代・・・など、伝える人によって、伝え方を変えなければ
伝わりにくいんです。

先週、日本拳法昇段級審査会が行われました。
私は、審判と進行などを務めました。

はじめに形審査があり、次に形審査合格者のみ試合審査へ進みます。

その中で感じたのは、格闘技とは言え

まず、礼法ができていなければ試合に勝つだけでは、強いだけでは
ダメなんです。
武道たるもの礼節を重んじなければならない・・・

しかし、その礼法ができていない。

当道場でも指導しているのだけれど、中々伝わっていなかった。
前回、話したところの伝えると伝わるの違いなのですが・・・・・

ですから、再度「礼法から見直していかなければいけない」と思い
次の日が子供の部の稽古だったので、早速、子供たちから再指導することにした。

一部、その時に伝えた内容をご紹介します。

礼法について
 ↓↓
「立礼の仕方をもう一度教えるぞ!
 ・・・中略

 侍さんは知ってるね。・・・中略
 
 そう!刀を持っているね!
 
 その侍さんが、お侍さん同士であいさつをする時には
 相手の足元が見えるところで頭を止めていたんだよ。

 何故かと言うと(身振り手振りを添えて)
 ここまで頭を下げてしまうと、もし、相手が自分を狙っている
 相手だったら、どうなる。

 そう!刀で斬られるね!

 だから、ここで頭を止めて相手の足もとを見るんだよ」

・・・と途中は省いていますが、このような説明をしました。

その後、日本拳法には、この立礼と座礼、蹲踞の礼がありますが
それぞれ、身振り手振り入れながら子供用に指導しました。


そしたら、しっかりできるようになったんです。

保護者の方も、練習後半にお見えになるのですが
「うわっ!変わりましたね!!凄いですね!たった1日で・・・」
このような声がでました。

私もびっくりしましたが、子供たちにちゃんと伝わりました。

これは、これまでの指導方法から私自身も工夫し
指導の技術向上を行った結果だと思います。


当然、一般の部においても大人用にしっかり技術指導をした結果
しっかり出来るようになりました。


だから、指導者自身も技術向上を怠ることは許されません。
常に技術向上を目指し、共に成長し続けなければいけないのです。

これは、小規模事業にも大きなビジネスにおいても同じです。
経営者の技術向上がなければ、事業は進歩しません。

後は、人任せではダメなんです。

伝える!と伝わる!の違い

時代の流れで、現代の連絡手段は携帯電話やメールです。
その中でも携帯メールが頻度としては中心になっていますよね。

私も携帯メール、パソコンメールで連絡を取りあうのが多いです。
そんな中、常に意識している事は「子供に見せても理解できる文章」
で送信することを心がけています。

だから、私がメールのやり取りをすると凄く時間がかかります。

メール内容を何度も読み返しますから・・・


しかし、それでも伝わらない場合があります。

先日も、ある組織の責任者の方からメールが届きました。
何度も読み返しましたが、理解不可能でしたから
丁寧に理解できない旨を、送信しました。


すぐに返信されてきたのですが
その私の疑問を全く無視した内容で、やはり理解不能でした(*_*)

再度、丁寧に理解できない部分をもっと紐解いて送信しました。
返信が来ました・・・
やっと、なんとなく、本当にボヤっとした位ですが理解できました。


何でもそうなのですが、特に文章というのは相手の顔が見えません
だから、なおさら人に伝わるように考えて文章にしなければいけません。

私は、自分自身を誉めることになりますが
私のメールの文章や、やり取りを「参考にさせてください」
「いつも分かりやすく説明くださり、ありがとうございます」等の
うれしいお言葉を頂く事が度々あります。

それは、私自身が理解力に乏しいので
人に文章を送るときは、「小学生でも理解できる内容」を心がけているから
だと思います。

書式や文章力は、私にはありません。

だから、本当に伝えたいことがある場合は
なるべく人に伝えようとはせず、人に伝わるように意識することだと
思います。

家族や友人知人宛のメールに、そこまで気を使う必要はありませんが
逆に言うと、中々人に伝わらない!
だから、自分の出した文章で人が傷つけていることもあるかもしれない
という事を意識した方がいいと思います。

護身術セミナー…「真剣」といった互いの疎通!

私は総合格闘技日本拳法の道場運営と生活危機管理に関する事業も行っています。
現在は、私の護身術DVDを販売したり、護身術セミナーを開催したりしています。

その中でも、護身術セミナーに参加される受講生さんには
いつも感心させられます!大変熱心なんです(^.^)

私の護身術セミナーは、講義が中心になるのですが
本当に、真剣に耳を傾けて頂けます。


興味がなければ講義などは、退屈でしかたがありません。
しかし、参加される受講生さんは真剣そのものです。

中には女性の方もいらっしゃいますし、高齢の方もいらっしゃいます。
やはり、毎日繰り返される凶悪犯罪、暴力犯罪に危機感を抱かれ
「明日は我が身!!」と思い受講されます。

だから、私も真剣に行います。

毎回、セミナーでは私が作成したテキストを配布しているのですが
そのテキストというのが、このセミナーでは一番重要な部分なんです。

一回や二回セミナーを受講したとしても、時間がたてば忘れてしまいます。
だから、何事も同じなのですが特に護身術に関して言うならば
生涯、訓練し続けなければならないんです。

習ったことを全て忘れてしまっては、「自分の命」「家族の命」を護る事はできません。

だから、私の護身術セミナーでは生涯訓練法も指導します。
その道しるべがテキストになるわけです^^

私はこれまでに、このテキスト作成に手を抜いたことがありません。
常に真剣に作成致しております。

当然、年月が経つと修正個所も出てくるのですが
私のテキストは、「基本的に、変わりません」


自分の知識を人に伝えようとしたら、真剣に取り組まなければいけません。

相手も真剣に学ぼうとしているのですから・・・

最近、感じるのはその「真剣」といった互いの疎通がなっていない人達が
非常に増えているなと感じます。

教える側も!教わる側も!

私も色んな場所へ見学に行かせて頂きますが・・・
真剣とは思えない姿勢で取り組んでいる方がいらっしゃいます。


幸いにも、私の護身術セミナーを受講される方々には
これまでに一人として、この疎通がなっていない人はいませんでした。

だから、私もこれからも真剣に向き合っていかなければならないなと思います。

PS:
宣伝になってしまいますが・・・(笑)
興味がある方は、チェックしてみてください^^

私が過去の経験から確立させた護身術です。
現実の暴力犯罪から身を護る為の技術が全て詰まっています!

私の自信作です!護身技術DVD+護身技術テキスト!!
当然、無料ではないですよ!有料販売ですよ(^^ゞ…(笑)
 ↓↓
66分でサクッと理解!実践護身術

リンク集

リンク

※順不同

・志村道場 HEATフィットネスジム

・HEAT 

・同心会館 

お客様と思え!→しかしお客様と思うな!

私が常に意識している事は、道場の生徒さんや護身術の受講生さんは
お客様と意識し、お客様と思わない事!にしています。

「なに言ってんの!?意味がわからない」と思いますよね^^


言葉で例えてみると矛盾していますが
現に道場の生徒さんや護身術受講生さんは代金を支払い練習に参加し
セミナー等を受講されるわけです。

だから、「お客様」と意識しておかなければ粗末な扱いになりかねません。
立場からいいますと、先生と生徒です。
しかし、そこを重視しすぎると横柄な態度になりかねません。
だから、私は常に初心を忘れず生徒さんは皆大切なお客様だと意識します。

しかし・・・

私はお客様とは思っておりません!!
これは矛盾ですよね^^

生徒さんや受講生さんは、私と同じ修行者だと強く思っており
みなさんといっしょに技を磨くんだと、常々思っております。
だから、私は指導者として同門の生徒として意識しています。

今でも生徒さんと同じように稽古をして、同じ内容で自分に驕る(おごる)ことなく
基本稽古も防具稽古(スパーリング)も行っています。

このような心がけを忘れない事で、プライベートでも色んな相談を受けたり
ビジネスに繋がったりと、物凄く良い関係が築けています。


ですから、この両方を意識することをお勧めします。
お金を頂く以上は、こちらもプロです。
だから、「お客様と意識すること!」
しかし、生徒さんや受講生さんは、自分と同じ修行者です。
驕り(おごり)を持ってはダメです。だから、「お客様と思わない事!」

ぜひ、意識してみてください。


それでは、また次回を楽しみにしていてください(^_-)-☆

継続運営のコツ!!

とにかく事業をはじめたのは良いが、それを継続運営させるのが難しい。
どんな商売でもやろうと思えば、簡単にはじめることはできますよね^^

しかし、その事業もはじめただけでは何にもなりません。
当然ながら、利益を上げ続けなければ潰れてしまうわけですから・・・

今日は、その利益を出しつつ継続運営するためのコツをお話ししたいと思います。


私の場合、はじめた当初は事業としての意識が薄かったので
これでもか・・・という位、苦労をしてきました。

その当時を振り返ってみますと、全くの無計画だったんですね!
ただ道場を持てた喜びの思いばかりで…
これでは、これからどのように行動していったら良いのか分かりません。
前に進みようがないのです。


だから、最初にやるべきことは
漠然でもいいですから「第一段階の最終目的」を決めることです。

例えば、道場生を25年6月1日までに20名にする。でもいいです。

ここで注意したいのは、あまりにもかけ離れた目標は設定しないことです。

道場生を25年6月1日までに100名にする。
などは、まだ一人も生徒がいない状態からすると、
とてもすぐに叶えられる数字ではないですよね^^


あくまでも第一段階の最終目的です。
だから、実現可能だけど簡単なのかと言うと、簡単ではない・・・
程度の目標ですね。。。


そして、必ず日付を入れることですよ!!
この第一段階の最終目的は半年を目安にしたらいいと思います。

第一段階の最終目的を決めたら、その目標を達成させる為に
何をしたら良いのか?考えます。

チラシを作成する→そのチラシを道場近辺に配る→見学会を実施する…
そして、そのやるべき事を3ヶ月後、1ヶ月後、1週間、1日と細分化します。
その細分化した目標を必ず達成するようにするのです。

ここでとくに意識するのは1週間の目標達成です。

1日の達成も大事ですが、色んな要因から1日に達成できない日も出てきます。
しかし、それを1週間後は絶対達成しなければならないと覚悟を決めると
1日の時間やスケジュールを調整しやすくなるんですね。

ですから、まずは第一段階の最終目的を設定して半年を目安に細分化してみてください。

それでは、また次回を楽しみにしていてください(^_-)-☆
最新記事
プロフィール

蔵田哲郎

Author:蔵田哲郎
こんにちは!蔵田哲郎と申します。
小学生の頃に格闘技をはじめてから30年近く経ちました。
当初からの夢が自分の道場を持つ事!

その夢が叶ったのが10年前
しかし、その道場運営、格闘技事業運営を継続させるのが至難の業でした。

現在、40代に突入して10年前を振り返り、これまで継続運営ができたことに感謝し、それまでの体験談や継続運営の秘訣などを公開しようと思いました。

どうぞよろしくお願いします。

カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
教えて!太陽光発電
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。